人気ブログランキング |

アースダイバー的紀行:芝公園&東京タワー編

芝公園、増上寺の後ろに高くそびえ立つ東京タワー。
この組み合わせに、なんとも不思議な感慨を覚える人は少なくないでしょう。

f0133118_19171231.jpg

東京タワーの展望台から下を見下ろすと、東京タワーの周囲には、ぐるりと、
そこここに墓地がたくさん点在しているのがわかります。

〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜

小学生のときにはじめて東京タワーにでかけたとき、華奢な感じのその鉄塔にはさしたる印象はもたなかったのに、塔のまわりの土地の雰囲気に、なにかこの世ならざるものを感じて、背筋にぞくっとするものを感じたのを良く覚えている。増上寺の裏手ということもあって、電波塔のまわりはいたるところが墓地だった。それだけならまだしも、墓地の背後には鬱蒼とした灌木の林が広がり、薄暗い林の内部にはなにか小山のようなものがたくさん見える。いったいここはどういう場所なのだろうと、ひどく気になった。私はそこに死霊の気配を感じ取って、おびえたのであった。

(中略)

ここは昔はなにか特別な土地だったのではないだろうか。そうでなければ、これほどまでに強い地霊の発散している力を、うまく説明することができない。そのうちに私は、たまたま手にした考古学研究の中に、東京タワーの立つ芝増上寺裏のあの土地が、かつて大きな死霊の集合地であったことを知り、ようやく長年の疑問を解くことができたのである。

『アースダイバー』 中沢新一 (p.96)

〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜


縄文時代の東京は、リアス式海岸のような入り組んだ地形で、海に
向かって突き出した岬のような場所は「サッ」と呼ばれ、この世と
あの世との境界を表す重要な場であると考えられていた、と筆者は
述べています。

そのような特別で神聖とみなす場に、古代人は埋葬地を作り、それ
がその後の世の中にもずっと伝わって、その場がそのまま寺や神社な
どの聖域として現代にも生き残っている、というのです。

f0133118_19171719.jpg

そしてここも、広義の墓地、であったと言えるでしょう。
「芝丸山古墳」都内では最大級の規模で、くびれ部幅約22メートルの
前方後円墳。
古墳と思って来なければ、単なる小山、にしか思えないサイズです。

f0133118_19172459.jpg

頂上(?)部分には、伊能忠敬測地遺功表が設置されています。
(伊能忠敬の測量の起点となったのが、芝公園近くの高輪の大木戸で
あったため、らしい)

f0133118_19172249.jpg

「東京では、稲荷がある場所は古代の埋葬地であったと考えていい」って、
『アースダイバー』説では言われていたんじゃなかったかな。

このお稲荷さん、「増上寺の裏鬼門の位置を守護する」って看板に書いて
あったけど、なんだかとっても霊威のありそうな佇まいが感じられます。

f0133118_19173082.jpg

東京タワーの真下に、「もみじ谷」と呼ばれるエリアがあります。
12月も末なのに、まだ赤い紅葉の葉がたくさん残っていました。

f0133118_19173343.jpg

例え人工的に整えられた公園と林でも、東京のど真ん中とは思えない静寂。
豊かな自然の気配が残っています。

f0133118_19173476.jpg

もみじ谷の一角にあるのが「蛇塚」と呼ばれる小さな祠があります。
巷では「金運UPのパワースポット!」として人気なのだとか。
※ 「蛇塚」由来のお話はこのあたりかな。『港区芝ニュース』⇒★

f0133118_19173784.jpg

階段に沿って、お地蔵さん(かな?)が並んでいます。
こざっぱりと整えられていて、大事にお祀りされているようです。

「オオスズメバチが来るので、お供えはしないで」という看板が出てました。
(おそらく蛇にちなんで、卵のお供えが絶えなかったのでしょう)

f0133118_1917392.jpg

わわっ。蛇塚というだけあって、石像の裏には、蛇の置物が!

ここはまさに東京タワーの真下なのですが、わざわざ探して行かないと
なかなか見つけられない場所のようです。

私は芝公園巡りをしていてたまたま見つけたクチですが、、、最初に
見つけた時は、なにせ夜遅くなって暗い時間帯だったこともあり、
「この祠はなんだ〜?!」的なインパクトがとても強かったなぁ。

この蛇塚、巳年の2013年には、どこかのメディアで大きく紹介されて
ますます人気のスポットになったりするのかな?(でも、明治神宮の
清正の井戸みたいに何時間待ち?!なーんてなるのはちょっと…)

f0133118_19174636.jpg


蛇塚の裏手、坂の上には、如意輪観音堂もあります。
こちらも合わせてどうぞ。

f0133118_19172671.jpg

素朴な疑問なんだけど、なぜ、東京タワーの下に、南極に置き去りにされた
カラフト犬たちの像があるんだろう???

『アースダイバー』でも、東京タワー周囲に漂う「死の香り」の理由の
ひとつとして、この像のことを例に挙げていたね。。。

年の暮れも押し迫った雨の東京には人が少なくて、、、
ぼんやりと歩いていたら、、、
ぎょっ!!!とした。。。

f0133118_19174828.jpg

ぎゃあ〜〜〜!!! 蛇が出た!!!

なーんって、うそ〜〜〜。ははは。

芝公園内の弁天堂の脇にありました。蛇の像。
そうだね。蛇は弁天様とゆかりが深いのでした。

f0133118_19174946.jpg

大都会のど真ん中で、しばし異界に紛れ込んだような。
そんな不思議な時間でした。
by tamayura_tamayura | 2012-12-31 20:11 | 見・聴・体験
<< 2013年1月3日 大宮八幡宮 HONOLULUぶらぶら紀行〜... >>