『ショック後の心身ケア』〜感情をモニタリングする

今朝は早朝から大きく揺れて、どきっとしました。。。
震源は東京湾だそうです。無駄に不安になるのも意味がないですが、
最低限の物と心の備えをしておくと、精神衛生上だいぶ良いかも。

さて。あちこちで有名人の発言が炎上しているのを散見しました。
※ 石原氏の発言については、個人的にいろいろ思うところが多々
あるのだけれど、それだけで長大な文章になるので今は自粛…

マスコミによる会見インタビューもなかなか凄いらしいですね。
私はあれ見ると気分悪くなるから、見ないことにしてます。

***

メンタルケア関係としては、決して外せない話をしましょう。

自分の不安や怒りを押し込めていると、何らかのターゲットに刺激
されたとき、押し込められた感情が無自覚に発動し、攻撃的な態度
や言動として現れやすくなります。(さらにやっかいなことに、
それらはたいてい「善意」や「正論」の形なので、本人は無自覚!)

攻撃対象は、特定の個人であったり、公的機関であったり、公人で
あったり、いろいろですが、はっきりとした特徴としては、いっけん
「善意」とか「正論」の形をとりながら、その中身は強烈に吹き出し
てくる個人的な感情であることがほとんどです。
(こんなとき、戦時中にどんなことが起こっていたかを知るのは、
 大いに役立ちます!!!)

確かにそういう発言には妙な引力がある。人を惹き付ける力がある。
でも、そういう感情に無防備に巻き込まれてしまってはいけない。

「あなたの怒りもわからないわけじゃないけど、そんなこと今ここ
で大声で言ってなんかいいことあるのかな〜?あなたが個人的に発散
したいだけでしょ?」と私は感じる。そういうの、私は滅入ります。

いまはねー… そりゃあみんな不安ですよ。怖い。
だからって、自分の不安を無自覚に暴発させちゃダメ。破壊的すぎる。
それは、とてもとても個人的なことで、他人に押し付けることではない。

自分の中にある不可解な感情のパワーを、自分にできる最善の形で、
建設的なプラスの方向に置き換えることこそが、最も大切なときです。


自分が置き換えたプラスの感情や行動を、周囲に伝えていくのは大歓迎!
【追記】いま現在我々ができるのは募金、日常生活の健全な維持!!!

***

もしも自分が得体の知れない感情や不快感に巻き込まれたら、まずは
それを否定せずに、ゆっくり深呼吸しながら、自分がいまどんな感じ
でいるのか、モニタリングしてみてください。

私のお勧めは、身体の感覚をじっくり感じてみることです。
胸が苦しい、おなかが痛い、喉がなんか詰まってる、頭が重い…
いろいろあるでしょう。
自分がいま、なにを身体で感じているのか、ほんの数分で良いから、
静かに味わってみて欲しいのです。


不快感や強い感情に巻き込まれずに、それをモニタリングする。
これがこの技法のキモです。

感情をそのまま言葉にするのは頭を使うので、なかなか難しい。
でも、身体の感覚を言葉にするのは、ちょっと練習すれば、すぐに
できるようになります。

出てきた感覚や、感情を、分析したり、意味を探ったり、理解しよう
とする必要はありません。じっくりと、自分の感覚に目を向けて、
「ああーーー… 私(俺)っていま、こんな感じだったんだ〜」って、
感じられれば、それだけでじゅうぶんです。

とにかく大切なのは、自分の中に浮かんでくる様々な感覚や思念、
感情を、否定せず、ただそのまま、そこにあるものとして、少し
離れた視点からモニタリングし続ける、ということです。


いちばん良いのは、信頼できる誰かとそれをシェアすること。
それが無理なら、あとからメモを取っておいてもいいですね。

以上は、心理療法の「フォーカシング」という技法を実践することで
私が学んできたことです。
他にも似たような技法はたくさんありますが、細かい分類は、この際
どうでもいいですよね。はい。

あとは、自分の身体を触る。しっかりさすったり、つねったり、握っ
たり、爪の先なんかいたーーーく刺激してみたり、出来る限り自分の
肉体を意識させられるようなことをしてください。

もし余裕があれば、身体を動かしたり、歌ったり、踊ったり、そういう
健康的な身体活動をするのもとても良いと思います。
とにかく、自分から身体を動かして、自分の肉体がいま、ここにある!
ことを強く自覚することが大切です。
【追記】お掃除もいいですね!目に見えて成果がわかるのは最高!


感情や思考は、しばしば自分の肉体の限界を超えて広がりすぎます。
それを制御するには、肉体を使って、自分が身体としてここに存在して
いると強く意識するのが、とても有効なのです。

***

そうだ。「感情は、馬のようなもの」と聞いたことがあります。
強いパワーを持っているけれど、馬だけではどこに行くかわからない。
例えば「善意」という名のもとに、どこに行ってしまうかわからない。

でも、馬を制御する手綱や、腕のいい騎手が居れば、馬はとても大きな
力を発揮して、私たちを強い力で遠くへと運んでくれることでしょう。
手綱や騎手にあたるのは、理性や意思の力。
我々の冷静さと未来を見る力だと思います。
どちらが欠けてもだめ。両方揃ってこそ!であるように思います。

なーんって… もう自分に言い聞かせながら書いてるようなものです。
実はこれ、私にとっても非常に大きなテーマで、なかなかうまく表現
できない、というのがごく正直な本音ではあります…
言いたいこと、少しでもみなさんに伝わってるといいなー、と願うのみ。

あ、原子力関連のニュース、難しくてわからないんだけど、
だいぶいろいろ読んでみたので、できるだけ一般人にわかりやすく
まとめられたサイト等を、のちほどリンクしてご紹介していきますね!

***

こちらは昨日とはうってかわって、曇り空の寒い日です。
三寒四温の、三寒が恨めしく感じられます。
なーんて言ってる場合じゃない。厚着しましょう!
東北の人たちのことを思えばこんなのへっちゃら。がまんがまん。

そうだ。こちらは遅い午後から停電予定でした… どうなるかな?
とりあえず、Twitter上にはおります。Twitter ID: tamayura10

初めてお越し下さった方は、どうぞこちらもご覧下さい。
↓ ↓ ↓

『ショック後の心身ケア』〜交感神経と副交感神経
http://tamayura10.exblog.jp/15654303/
by tamayura_tamayura | 2011-03-15 09:46 | ショック後の心身ケア
<< 『ショック後の心身ケア』〜建設... 『ショック後の心身ケア』〜仲間... >>