人気ブログランキング |

巳の日紀行:銭洗弁財天宇賀福神社

月にいちど、湘南方面に出かけます。
気がついたら、ちょうど巳の日だった。わぉ。いいチャンス☆
ということで、ちょっと足を伸ばしてきました。

じゃん。こちらです。

f0133118_1751236.jpg


銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)
一般的には「銭洗弁天」と略称される有名なる神社であります。

===
源頼朝が巳の年、巳の月、巳の夜、夢枕に現れた老人のおかげで、
岩から湧き出る霊水を発見した。
そして、社を建てて宇賀福神を祀ったという伝説がある。
===

というのが創建の由来。そしてさらには、

===
鎌倉時代の第5代執権北条時頼はこの福の神を信仰し、
自らこの水で貨幣を洗ってお祈りして、
巳の日を選んで人々に参拝させた。
===

といういわれもあるそうな。なるほどー。

だけど、実はワタクシ、なんとなーくではあるのですが、
弁天サマのおわしますところは、ちょっと怖いのです。
意味不明かもしれませんが。なんとなく。(どこも水が多いからかなー)

といっても、ここは以前訪れたときに、なんかすごーくいいなぁ♪
という印象があって、機会があったら再訪してみたかったのです。

平日だというのに、春休みだし、なにせさすが巳の日だけあって、
鎌倉駅からの道は行くも帰るもぞろぞろぞろーーーっと
人波が絶えることありません。(あれなら迷うこともないねー)


f0133118_17112414.jpg


じゃん。
今回は気合い満々で、境内のお店でお供え用のタマゴまで購入しました。
(弁天さまは蛇と結びつけられてるので、お供えは蛇の好物。。。なのね)

f0133118_18313951.jpg


洞窟と湧き水。このセッティングはやっぱり独特の空気感。
綺麗な水が出るところは、誰にとっても昔から大事な場所だったはずだし、
さらにはここは山の中(だった場所)の洞窟。
そういうイマジネーションをむんむん掻き立てるようなモチーフを、
女性の神様像と結びつけた昔の人たちって凄いなー。

やっぱり、わらわらわらわら…我々衆生がたくさん居ても、
この中の空気は、普通の空気とは全然違います。
(下の方では、みんな大勢しゃがみ込んで、ザルに入れたお金を洗ってます)

私もいっしょに500円玉を何枚か洗いましたー。
(千円札とか1万円札を洗ってる人たちもいましたよー!)
で、このお金。「有意義なことに使うと、何倍にもなって返ってくる」んだ
そうですわ。
なるほどねー。貯め込んでてもダメで、「有意義に使う」というあたりが
ミソなんだろうと思います。

お金はエネルギー。気持ちよく循環させれば、より良い形で増える。
ということですね。
(とか言いながら、エネルギー放出ばっかりしてる私。反省。。。orz)

さて。決意表明、アファーメーションだ★

これからも、より良い形で仕事します!
より良く人のために役立つことが、結果的に収入増にもつながります!
(ホントは、「〜〜〜しました。ありがとうございます」と、すでに
完了形で発語しちゃうと良い、と言われています)

もう、ひたすらこれに尽きますですよ。ホントに。

ワタクシ実は、いつもいつも調子に乗っては膨らみすぎる自分の仕事量と、
限界を超えてカラダに来てから、絞り込んでぎりぎりまで仕事量を減らす
ことの繰り返しばかりしています。

いいかげん自分のパターンをなんとかしたいよなー。とずっと思っていて、
今回心機一転。サイトも作り直して、また新しく仕切り直したところです。

いいタイミングで、良い場所にお邪魔できて良かったー♪

f0133118_1831881.jpg


境内にはたくさんのお水が湧き出て、流れていて、桜も美しかったです。
都内からほんの90分くらい。いい場所いっぱいありますねー。楽しかった。
よかったよかった。感謝感謝です。
by tamayura_tamayura | 2010-04-02 17:29 | 見・聴・体験
<< 『経る時』 ~2010年の桜 2010年度版/NEWサイトOPEN >>