DQⅨ

f0133118_1685051.jpg

嗚呼。。。
ついつい、早速ゲットしてしまいました。

うーん。。。
やめられないとまらない。(に、なりそなアブナイ予感・・・)
なんとも危険すぎます。うれしいやら、なんやら・・・ (^^ゞ


f0133118_1685921.jpg


主人公は、男女選択可で、簡単なアバターとして作成できます。
確か、「体型・髪の色・髪型・目の形・目の色・肌の色」くらいが選択できたはず。

ちなみに、「トッピー」は、愛犬の名前です。
RPGの主人公の名前は、歴代ずーっとイヌの名前をつけています。

昔のイヌの名前は「マックス」だったので、
「おお!ゆうしゃマックスよ。しんでしまうとはなさけない・・・」
ってなかんじで、わりとふつーだった(笑)


あの・・・つくづく節操のないブログでスミマセン。
でも、ゴーギャンも、難病も、ゲームも、やっぱり関心の対象なのです。





ここのところ、ひさびさにアタマを使う作業をしています。

ふだん血が通ってないところに血が流れてるみたいで、
ちょっとヘンなかんじ。

誤解を恐れず、己の正直な感覚を述べますと、、、
通常の仕事をつつがなくこなしていくには、
あまり抽象的なことを考えない方が楽です。

が、必要に迫られて、ひさびさにアタマをつかっています。

ぎしぎし・・・ がしがし・・・ みたいなかんじ (汗)

ということで、以下は考えたことを文章に置き換える練習です。
あくまでも練習、です。はい。




===  あとは思いつきだけのヨタ話ですんで ===




真面目にゲームに取り組むのは久しぶりです。何年ぶりだろか?
DSが出てから、それ以外のハードはぜんぶ手放して何にも持ってないし。

個人的には、「ひたすらダンジョンもの」がいちばん好きです。
最後にいっしょうけんめいやったのは、確か「世界樹の迷宮」のはずだなー。

RPGは、なーんか昔から単純に楽しむというよりは、
モノガタリの構造がどうなってるか?とか、キャラクター設定の配分とか、
そんなことばっかりに目がいったりするヘンな楽しみ方をしていました。

なにせワタシが若かったときは、大学のレポートのテーマとして
「~の構造分析をせよ」
みたいな宿題がでたりしてたからなー。(そういう時代だったんだよ)


例えば、、、「神話素」という概念があります。

なんといいますか、およそ「モノガタリ」には、だいたいあちこちで共通する
いろんなテーマのバリエーションがありますよね。
「天上界を追われる」とか、「異類と結婚」とか、「よそ者として漂流」とか、
「死んだものから何かが生えてくる」とか、「無理難題を押し付ける」とか、
「○個の重要な品を集めてくる」とか、「○人の仲間を探し出せ」とか、、、

なんかいろいろ。そんなかんじ。

そういうのを組み合わせていくと、わりと普遍的に理解・共感されやすい
モノガタリの構造ができあがるんじゃないか、みたいな話なわけです。
(おおよそそんなかんじだったと思う。だいたい)

で。

およそRPGの世界は、そういう神話素みたいな要素を組み合わせて、
よーくシャッフルして、練り練して、作られているように見受けられます。

それぞれの要素は、どっからひっぱってきたのかを考えるのは楽しい。
(とかいうことばっかり考えながらRPGやってる私も妙だと思うけど・・・)

で。

今回のDQⅨは、のっけから世界の中心=世界樹(かなりメジャーな要素ね)
が出てきます。
で、その周囲には平和な天使の世界。これが何らかの原因で乱される。
(ここまでしかまだ見てません・・・)
で、その先は、たぶん原因を探って、世界のバランスを取り戻すんだ!
みたいな話になるんでしょうね(・・・と思われる)

で。

おもしろいのは、昔は理由も無くもういきなり電源を入れると、
「ワタシ=勇者」だったりなんかしたわけです。そこには理由は無い。
なんでワタシが勇者なわけ?とかいう疑問は抱くだけ無駄ですわね。

今回もぜんぜん理由無く最初から「ワタシ=見習い天使」なんですが、
モノガタリの始めに仕掛けがあって、「天上から落ちてきた天使=ワタシ」
になるという設定でございます。

なんで天使なのかはわかんないけど、地上に落ちてきたことには、
明らかに背景と理由があって、落ちてきてから果たさねばならない
ミッションや目的がはっきりしている。
これは、モノガタリ的にはわりと入りやすいんでないかなー、、、
とかなんとか、そんなことを考えていました。

で。

まぁなにせ、ゲームするときには、(別にデジタルゲームに限らず)
そのゲームが提示してくる世界とか、その世界のお約束事を素直に
受け入れられなかったらどうにもならないわけであります。

ワタシはオトコのキャラは嫌!
いくらモンスターでも、相手と戦ったり倒したりしたくないのよ
とか言う人は、もうそれ以上進めない、わけです。

・・・ ってもしかして。

ここまで書いて、はたと思った。

世界のお約束事にかなりの程度で従う必要があるのは、
もしかして、ゲームに限らないことなのかもしれませんね。
ま、この世の中だと、ゲームよりは自由度が高いかもしれないけど。
でも、それってどうなのかな~???

うわー。。。
結論ありません。

以上っ。
[PR]
by tamayura_tamayura | 2009-07-11 16:46 | 雑談
<< LOTUS (2009年) CIDPのこと・新展開として >>