《我々はどこから来たのか? ・・・》

昔から、なぜか理由もなく行ってみたい場所がいくつかあるのですが、
そのひとつが、タヒチです。
なんでなんだろうなぁ。 謎です。

というわけで、タヒチと言えば、ってことで、ゴーギャンです。はい。

f0133118_15493551.jpg

ゴーギャン展2009
東京国立近代美術館 2009年7月3日(金)-9月23日(水・祝)


日本初公開の大作、
《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》


f0133118_15492676.jpg


===  以下展覧会リーフレットより転載 ===

19世紀末の爛熟した西欧文明に背を向け、南海の孤島タヒチにひとり向かった画家ポール・ゴーギャン(1848-1903)。 その波乱に満ちた生涯は、芸術に身を捧げた孤独な放浪の画家の典型といえるでしょう。

自らの内なる「野生」に目覚めたゴーギャンは、その特異な想像力の芽を育む「楽園」を求めて、ブルターニュ、 マルチニーク島、南仏アルル、そして二度のタヒチ行きと、終わりのない旅を繰り返しました。 その過程で、自ずと人間の生と死、文明と未開といった根源的な主題に行き着きます。 このような人間存在に関する深い感情や思索を造形的に表現すること、これがゴーギャンの絵画の課題となりました。

タヒチで制作された畢生の大作 《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》(1897-98)は、 その芸術の集大成であり、後世に残されたゴーギャンの精神的な遺言ともいうべき作品です。 本展は、日本初公開となるこの傑作を中心に、国内外から集められた油彩・版画・彫刻約50点の作品を通して、ゴーギャンの芸術を今日的な視点から捉えなおすことを試みます。

=== 転載終わり ===



f0133118_15491746.jpg


実物は相当に大きな作品です。
圧倒的な存在感と威圧感。

「野生」の生命力を燃やしまくって、近づいてくる死期を悟った画家として、
本人が残した言葉のとおりに、
言葉ではなく、隠喩と、象徴と、イメージの全てを注ぎ込んで描いたのでしょう。


暗い。というか、ほの暗い。

明るいも、暗いも、生も、死も、性(せい、っていうか、さがっていうか)も、聖も、俗も、穢も、いろんなものがぜーんぶ含みこまれている、と思わずにはいられません。


会場ではいろんな象徴の説明や、パーツに分解しての解説がなされていましたけれど、全体から伝わってくる圧倒的な威力の前では、分析的な理解や知識はなんとも弱々しく無力かもしれないわー、ということだけが、はっきりと理解できました。(でもそうやって、理解しようとする努力も必要ですよね。伝わってくるものがあまりに大きすぎて、とても吸収しきれないもの・・・)


ゴーギャンの自画像だけを見てると、むちゃむちゃプライドが高くて、もてあますくらいの旺盛なエネルギーに溢れてて、とてもじゃないけど既成の枠にははまりきらない過剰な生命力とか意識を感じます。(現実的に考えれば、ものすごーく魅力的だけれど、むちゃくちゃ自分勝手でしょーもないオトコって感じがしますわな~)
そんな生々しい人間としてのイメージは、この大作から伝わってくる思索的な途方も無い深さとは、なんだかちょっとスムーズにつながらないかんじもします。でもまたそれが、存在の不可思議さや圧倒的な引力になっているのかもしれません。

とにかくわけがわからない。
でも強力に惹きつけられるんだ、みたいな。


全体の展示数は、あんまり多くないです。
とにかく、あの大作を展示するため、の展覧会なのでしょう。

そのなかで、ひときわ私が気に入ったのは、これ。


f0133118_1549443.jpg


タイトルは、『純潔の喪失』 ・・・ だそうです。
うーむ。。。むちゃくちゃエロティックな絵です。

実物は、赤がものすごく効いてて、本当に刺激的な感じです。

キツネ、妖しいです。
でも、キツネの背中に手を回してる彼女も相当妖しいです。
微かに重ねられた足の指先も相当にエロい。(浮世絵的な発想すぎますか・・・?)

山の下に見える行列は、葬列みたいにみえる。


===
こういう、なんというか、見る側の中に、ざわざわするノイズをぞわぞわと喚起するようなものを、ワタシはどうやら好むのであります。
だけど、こういう趣味嗜好をカミングアウトすると、昔からよく「趣味が悪い」と言われます。
いいじゃないのよ~。趣味なんだから~^^;;;
===

で、これは最初にタヒチに旅立つ直前に描かれたものらしい。
モデルの女性を孕ませたままで、ゴーギャンはそのままタヒチに行った、そうな。
それ以前に、ゴーギャンには家族がいたんですけどね、それも放置、ですね。
あとは、タヒチでも何人か孕ませてるようです。
なるほど、納得。

確かに、こーんな絵みたいな世界のイメージを自分の中に抱えていたら、現実生活がいくら裕福で平和であったとしても、平凡でシアワセな暮らしの中に埋没して生きていくことは難しかったんだろうなぁ、、、と想像します。(ゴーギャンは、確か34歳で株の仲買人から趣味が高じて芸術家に転身した、んだったはずです)
[PR]
by tamayura_tamayura | 2009-07-09 16:18 | 見・聴・体験
<< CIDPのこと・新展開として 柔らかなココロ >>