DAYDREAM

仕事の合間のわずかな時間に、昼寝をしていた。

左から男性が、右から女性が現れて、それぞれに私の手を取った。
手首の、ちょうど脈が触れるあたり。
えっ??? 誰???
カラダが固まって、動けない。ようやく目が開いた。

そのとき、はっきりと人の気配がした。
明らかに誰かが居た気がした。悪い人たちじゃない。
なんか届けに?知らせに?きたかんじ。

あのまま、されるがままに任せていたら、
夢の続きはどうなっていたんだろう?
知る由もない。もうあとの祭り。


===

年を追うごとに、自由に休みを取ることが難しくなりつつあります。
嗚呼。。。
インフルエンザには罹ってないけど、
「どこかに行きたい熱」の気配を感じる今日この頃。
うーん。こんなときはとりあえず対症療法だなー。



2007年1月 バリの写真。適当に並べます。




f0133118_1657319.jpg


アグン山を臨むブサキ寺院。バリ・ヒンドゥーの総本山。
バリの世界観では、山は神聖、海は不浄。


f0133118_16574735.jpg


下界を見下ろす。


f0133118_16581297.jpg


聖なる泉、ティルタ・エンプル。
たくさんの人たちが、沐浴に訪れる。


f0133118_1658076.jpg


確か、夢殿みたいに、この建物の中で眠って夢を見る儀式がある、
っていうような話だったと記憶している。(違ったかな?まぁいっか・・・)


f0133118_16583148.jpg


毎日たくさんのフレッシュフルーツ。


f0133118_16591019.jpg


ひとつ角を曲がって路地に入っただけで、
どこか遠くに飛ばされているような気分になる。


f0133118_16593415.jpg


ウブドのはずれにあるモンキーフォレスト。
濃厚な空気。


f0133118_1659527.jpg


生きているのかと思った!
この辺で採れる柔らかい石は、彫刻用に適しているのだとか。


f0133118_1701433.jpg


独特の空気が漲る。


f0133118_1702791.jpg


魔女ランダ。ドゥルガー(もしくはカーリー)と同じらしい。


f0133118_1704411.jpg

聖獣バロン。愛嬌があって、なんか可愛い。


f0133118_1705929.jpg


日が暮れる。


f0133118_1711331.jpg


また朝が来る。



どこに居ても同じ。

ため息ついても、一日。
笑って暮らしても、一日。

結局、どこに行っても、最後は同じことを考えるのです。
by tamayura_tamayura | 2009-05-15 17:18 | 見・聴・体験
<< 以心伝心 もうすぐ満5歳。 >>